骨折!脱臼!捻挫!

骨折

超音波骨折治療法

微弱な超音波を1日1回20分間、骨折部に当てることで骨折治癒を促進する治療法で、骨折の治療期間を3~5割早めることがわかっています。

プロ選手ではサッカーのベッカム選手や野球の松井選手もこの治療を行いました。

当院で使用しているUS770は骨折専用の端子がついているので最適です。
ust770-dousituki

MCR療法(マイクロカレント、微弱電流)

MCR療法とは人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進します。
この治療法は世界中のトップアスリートや最近では有名芸人の地球一周アースマラソンでも御愛用されている実績のある治療法です。

AT-mini2-image

捻挫

ES530

ハイボルテージや立体導体波を使用し急性期の腫れや痛みを軽減させます。慢性化したものには慢性化したプログラムを使用し状態に合わせ治療を行います。

ES-530-huri+SU2

MCR療法(マイクロカレント、微弱電流)

MCR療法とは人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進します。

この治療法は世界中のトップアスリートや最近では有名芸人の地球一周アースマラソンでも御愛用されている実績のある治療法です。
AT-mini2-image

超音波

関節の拘縮や筋スパズム(筋肉が固くなること)を改善、予防します。
UST-770院内用ポスター_C1306_OL

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP